トレンド

【林修の日本ドリル】厳島神社3つの幻の池。観光客が知らない2つの場所はどこ?

16日放送の【林修の日本ドリル】で放送された宮島特集。その中で厳島神社に現れる幻の池について紹介がありましたのでここに記します。

既に一度参拝された方にも耳寄りの情報になりますので、是非最後までご覧ください。

 

干潮時にのみ出現する幻の池

厳島神社に出現する幻の池は潮が引く「干潮」の時にのみ見ることができます。では、なぜ潮がひいているのに水が残るのか。

その答えは「水が湧いているから」この幻の池ができる場所は、海底から真水が湧くとても珍しい場所なのです。

宮島・厳島神社「鏡の池」【厳島八景】 | 厳島神社-御朱印

また、長い歴史の中でこの池が一度も干上がったことがないことからパワースポットとしても知られています。

池の出現時には、水を求めて鳥が集まってくることもありとても趣がある情景になりますよ。

スポンサーリンク

幻の池は3つ存在する?

幻の池として有名なのは、手鏡のように見える「鏡の池」ですが、実は厳島神社にはあと2つ幻の池が存在します。

番組内でも、担当の方が「鏡の池の他にもう2つあります」と明言されていたので間違いありません。こちらは比較的知名度が低く、観光客にも知られていないとのことです。

地図に記すとここにあるようです。

 

以前私の友人が「厳島神社に行かず裏側から見ていたら、幻の池を見つけた」と言っていました。観光客が少なく、神社に参拝せずとも見れるのであれば一石二鳥ですね。

スポンサーリンク

干潮時の楽しみ方がある

厳島神社といえば海に浮んで見える鳥居などの写真が多いですが、幻の池や大鳥居の根元まで歩いて行くことができるのは干潮時のみです。(干潮時でも鳥居の根元まではいけない日があります)

私自身も初めて行った時は潮が満ちている時に行きましたが、潮が干いている厳島神社も見応えがありました。是非、過去に行ったことがある方は干潮時の厳島神社を体感してみてください。

余談ですが、宮島は「神の島」であり厳島神社の神様は死と血を好みません。そのため、生理中の女性の方は参拝を控えた方が良いようです。

厳密に禁止というわけではありませんが、そのような神様への信仰を気にされる方へご参考までに記載しておきます。

 

 

-トレンド

© 2022 トレンドニュース Powered by AFFINGER5