トレンド

イギリス11月5日から再ロックダウン。2回目の都市封鎖はクリスマスのため?

イギリス全土を対象とした都市封鎖(ロックダウン)が5日より1週間実施されることが決まりました。

イギリスでは2020年3月頃から約3ヶ月間にわたって第1回目のロックダウンが実施された経緯があります。

6月以降、段階的に緩和措置がとられ、パブやレストランを中心に活気が戻ってきていました。

スポンサーリンク

しかし、9月ごろから徐々に感染者数が増加し始め、特に感染者拡大が深刻だった北部は部分的なロックダウンが行われていました。

経済活動の衰退を避けたい政府は、全土封鎖に消極的な考えを示していましたが、ロンドンを始めとした中心部でも感染者数が急増し始めたことから2回目の全土ロックダウンが決定した模様です。

期間は11月5日から約1ヶ月間。政府は「今ロックダウンをすることでクリスマスに家族があつまることができる」と公言しています。

この発想はクリスチャンが多いイギリスならではではないでしょうか?(笑)

スポンサーリンク

私としては第2回目のロックダウンが成功しても、このクリスマスが火種となり感染再拡大が発生するのでは?と思えてならないのですが…

いずれにせよ、不要不急の外出は控えて欲しいところですね。

今回の決定では、生活に必要なスーパー・薬局は営業。飲食店はテイクアウトのみ。学校は閉鎖しない。という内容です。

これにより少しでも感染拡大が落ち着くといいですね。

-トレンド

© 2022 トレンドニュース Powered by AFFINGER5